越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。

暑い日が続いていますね・・・

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今日は5月病についてお話しします。

 

仕事や学校、転居などで環境が変わり、

最初のうちは張り切っていたのに、5月の連休明け頃からなんとなく気分が落ち込む、

疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れないといった状態に陥ること、

これがいわゆる「五月病」です。

精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多く、

新しい環境の変化についていけないストレスが、知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。

 

五月病の症状は自律神経と密接な関係があると考えられます。

自律神経には、呼吸・循環・消化・代謝・体温調節などをコントロールする働きがあり、

また「活動する神経」と「休む神経」があります。

この自律神経が乱れると、五月病の症状のように、めまい、ほてり、冷え、不眠、眠気、

疲れやすい、力が入らない、立ちくらみ、発汗、頭痛、胃腸障害、動悸などの症状が起きます。

 

 

5月病は鍼灸で治療していくことができます。

気持ちの良い施術で適切なツボを刺激することにより、

自律神経のバランスが整い、内臓の疲れや筋肉の緊張が取れていきます。

 

 

もし、五月病の疑いかなと思ったり、体の怠さが取れないようでしたら、

ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

 

鍼灸治療はご予約が必要です。

スタッフ一同お待ちしております。