越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪今日も暖かいお天気ですね。ようやく春が来た感じですね☆

当院にも本日から新入社員が入ってきて、明るく賑やかになりました(*^_^*)

皆様、何卒よろしくお願い致します。

 

さてさて、本日はスポーツ障害の中でも多い『テニス肘』についてのお話です。

テニス肘は、テニスなどラケットを使用してスポーツをする人にみられる肘の痛みのことです。

力まかせにラケットを振ってボールを打っていると、手の関節やその近辺の筋肉に大きな負担がかかりそれを続けることによって、筋肉や腱などの炎症が発生し、痛みが消えなくなってしまう症状のことです。

急激な怪我ではなくて、コツコツと少しずつダメージが蓄積し、繰り返しの負担による怪我になります。

 

肘の外側に、最も強く痛みを引き起こすのがテニスと言われていてテニス肘という名称になっています。

 

 

テニス肘の予防には、やはりストレッチが重要です。テニス前、テニス後必ずしっかりとストレッチを行うことがなによりも大切です。

また、痛みが出始めたら、我慢せずに当院にぜひご相談ください。

当院ではテニス肘に効果的な鍼治療もおこなっております。鍼治療はダイレクトにツボを刺激するので、治りも早いです。

鍼治療は完全ご予約制になっておりますので、まずはご連絡ください。

048-999-6306

 

スタッフ一同お待ちしております!!