食物アレルギー、花粉症、アレルギー鼻炎など

一般的にも知られているアレルギー。

しかし、体内でどのようなことが起き、そういう反応が出ているか

ということを知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

 

アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応してしまう状態で

免疫という、身体を守るためのシステムが強く働き過ぎている状態です。

もともと人は生まれながらに自然免疫というものをもっています。

また、生活の中で何らかの刺激を受けて新しく作られるものを獲得免疫と言います。

 

アレルギーというのはこの獲得免疫の中のIgEという抗体が関係する反応だとされています。

IgEは、細菌やウイルスに対する抗体と違って

自然に存在している、ダニや花粉や食物など、いわゆるアレルギー物質と言われるものに反応します。

それが身体の中で多くなっていってしまうと

そのアレルギー物質に対して敏感に反応してしまうのです。

アレルギーになりやすい人というのはこのIgEを作りやすい身体である可能性が高く

また、遺伝的にもかなりの影響があるとされています。

例えば両親がアレルギー体質である場合、生まれた子供がアレルギー体質である可能性が高いという事です。

 

現在の環境は身体によくないとされている物質があふれているので

発症する、もしくは悪化することに繋がっていきやすい環境であると言えます。

自分にとって何が悪影響を与えているものなのか

その悪さをしているものを知って、周りの環境を整えることで

アレルギーの発症を防ぐことができたり、症状を軽くすることができる可能性があります。

 

何がアレルギーを起こす要素を持っているのか

起こる反応がどのようなものなのかは、個人差もあり年齢でも違いが出るため

いちがいにこれという事は言えないのが現状です。

もちろん先ほど言った、環境によっても症状の出方は変わってきます。

なので、まずは自分の身体を知るという事が大切になります。

時には命に関わることもあるアレルギー。

症状が出ていたら一度は専門医に診てもらいましょう。

 

 

基本的には喘息、アレルギー性鼻炎、じんましんなど

アレルギーでは局所に症状が出ることがほとんどですが

一度入ってきたことのあるアレルギー物質に対し過剰に反応し

全身に障害を起こすアナフィラキシーショックというものもあります。

 

蜂に刺されたときによく言われると思いますが

体内にアレルギー物質が入ることで急激に引き起こされる全身性の強いアレルギー反応で

ショック状態に陥ってしまう危険な状態をアナフィラキシーショックといいます。

蜂に刺されたり、そばなどの特定の食物を口にしたりあるいは投薬でも起きることがあります。

 

反応の起こるアレルゲンが体内に入った後

呼吸困難や意識障害などを起こしてしまい、処置が遅れると早い場合15分ほどで死亡することもあります。

身体の中での反応がすごく短い時間で起き、症状が出る為、即時型アレルギーというものに分類され

症状が呼吸器や皮膚など限られた範囲ではなく、全身に現れるものを指します。

 

この様にアレルギーには様々な種類があって、反応も対応方法も変わってきますので

アレルギーを知って、しっかり対応していきましょう。

 

しかし防ぎにくいアレルギーもあります。

それが花粉症です。

花粉症は突然やってきます。

前年までは大丈夫だったからと思っていても

いざその季節を迎えてみると

目のかゆみ、くしゃみ、鼻水など襲ってくる嫌な症状が…

という方も多くいます。

 

そんな時はお気軽に当院にご相談ください。

期間限定で花粉症対策メニューをご用意しております。

 

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

 

ご来院お待ちしております。