寝違えや肩こりなどで首が痛くなることは経験された方も多いのではないでしょうか。

しかし、なかなか症状が良くならない時

どうしたらいいのか悩んでしまうこともありますよね。

 

首のこりや痛みには、精神的なストレスと肉体的なストレスの両方が関係していると言われています。

これらのストレスは、体の機能を整える働きをしている自律神経を刺激し

その働きを過剰にしてしまうようです。

自律神経の働きが過剰になった状態というのは、筋肉が緊張して血管が収縮し、血流が悪くなった状態です。

血流が悪くなると筋肉に疲労物質がたまりやすくなってしまいます。

ストレスを受け続けることで筋肉が硬くなり血液の循環が悪くなる事によって疲労が蓄積し

その結果首がこる、こりが取れないということになっていってしまうのです。

 

寝違えと言うのは、寝返りがうまくうてなかったり寝る姿勢や枕が原因で

首や肩の筋肉に負担がかかっておきる場合と

自分の健康状態が悪く筋肉が硬くなってしまっていることで起きる場合とがあります。

どちらの原因であっても、寝違えは首の周囲の筋肉に炎症が起こることで、痛みを引き起こしているのです。

 

今回は数ある寝違えの原因から枕の高さについて考えていきたいと思います。

 

枕が原因で首がこったり、痛くなったりする理由としては

枕には、首を休めたり、矯正したりする働きが期待されていますが

その枕の高さが合わなかったり、柔らかすぎたりと自分に合っていないものを使い続けることにより

睡眠時間中に首を休めることが出来ず、疲労が蓄積してしまった状態になってしまっているという事です

首は、起きている時には約5~6㎏もある頭部を支えているので

睡眠によって首の疲れをとることは欠かせません。

もし朝起きて、首のこりや首の痛みがある場合には

枕の使用が不適切か、枕が合っていない可能性があると言えます。

 

まず、理想的な枕とは寝ているときに、敷ふとんと頭部・頸部の間にできる空間を埋めることができるものです。

つまり、立っているときの自然な姿勢を寝ているときも保つことの出来る枕が最適な枕なのです。

 

枕を選ぶときにはチェックしなければいけないポイントがあります。

1.枕の高さ
やはり一番のチェックポイントは枕の高さです。
最適な枕を選ぶのに高さは一番大切なポイントです。
上記の画像を参考にして最適な高さの枕を選びましょう。

2.枕の素材
枕の中身がかたよったり、頭が沈み込んでしまうなどの枕は首に余計な負担がかかり
首の痛みや肩こりの原因になります。

3.枕の大きさ
枕が小さすぎると、寝返りをしたときなどに頭が落ちてしまう場合があります。
なので、枕の大きさは頭3個分くらいの大きさのもの選びましょう。

 

今使っている枕が、自分に合っているのか、簡単に調べる方法があります。

布団に枕を置いて、あおむけに寝てみてください。

この時に、肩が布団についていて楽な状態ですか?

首が持ち上がっていたり、頭が前に突き出していませんか?

逆に、頭が沈んで首が後ろに反っていませんか?

首が楽にまっすぐに、なっていなければ枕の高さが自分に合っていないことになります。

布団の上の枕の高さを上げてみたり、下げてみたりして調整をし

頭や首や肩が一番楽な位置を決めましょう。

枕に頭がすっぽり収まっているのが理想の高さと言えます。

次に、横向きに寝てみて首が上や下に曲がっていないか無理な姿勢でないか確認します。

肩が重くないか、顔が沈みすぎていないかを確認します。

人は寝ている間に、寝返りを打ちますから、枕の高さの調整は上向きや横向きで

身体や肩が楽か、首が楽かを考えて行います。

何度も寝返りを打った翌朝や、寒くて縮こまって起きた朝に身体がだるい場合は

寝返りが極端に多いか、少なすぎたためです。

自分に合った高さの枕は、程よい寝返りの数をもたらして体の疲れを取ってくれるのです。

では理想の高さに枕を調節するには枕を新しく買わなければいけないのでしょうか…

 

そんなことはありません。

 

首の位置の高さが足りないなら首を支えるように、タオルを首の下に入れ少し高くしましょう。

枕が高すぎる場合には肩の下にバスタオルなどを敷いて肩の高さを少し上げましょう。

頭が前に突き出るなら、枕の位置を下げるなどして調節してみるといいかもしれません。

 

今の枕が合わないからと言ってオーダーメイドの枕を作ることも悪くはないのですが

家の寝具と合わせた状態でどのくらいの高さになるかという事が重要です。

まずは家にあるもので調節してみることをお勧めします。

 

枕の高さの調整は、寝返りの回数、疲労の回復、眠りの質を程よく調節し肩や首のこりを防ぎます。

朝首が痛いことが多いと思ったら、枕の調節をしてみてください。

それでも取れない疲れや痛みがある場合は当院にお越しください。

鍼やお灸、手技により痛みや疲れの原因を取り除くことをサポート致します。

 

詳しい情報は下記をご覧ください。

ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷東口店

http://kitakoshigaya.rose-no-hana.com/

皆様のご来院お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。