『風邪の引き始めに〇〇』
といえば何が思いつきますか?
風邪は引き始めたときにどのように対処するかが、その後悪化するかすぐ治るかを左右します。

私自身、風邪の引き始めの「あれ、おかしいな」と思ったときに早めの対処をすることでここ数年、風邪で大きく体調を崩すことはなくなりました。

今日は私が実践している『風邪の引き始めに〇〇』をいくつかご紹介致します。

風邪の引き始めに葛根湯
「風邪の引き始めに葛根湯」この言葉を思いつく人も多いと思います。
葛根湯はドラックストアなどで簡単に手に入る漢方薬で、風邪の引き始めの、悪寒がする、首や肩がこわばる、といった症状があるときに飲むものです。
既に咳や鼻水などの症状が進行していたり、熱が高温になっている状態では遅いのでご注意ください。
まだ汗の出ていない段階で、体の免疫細胞が戦い始めたときにその働きをサポートするような薬ですので、「あれ、風邪かな?」というときに早めに飲むことをオススメします。

風邪に引き始めにお灸
風邪は東洋医学では「風の邪(風邪・ふうじゃ)」と言われ、背中の毛穴から寒邪(かんじゃ)とともに侵入し、体調を脅かすと考えられています。
まさに、風邪の引き始めにゾクッとするような場所です。
そこから風邪が侵入し、体の隅々まで病が進んでいくことになるのですが、それを浅い段階で対処してしまうと軽い症状で済んでしまいます。
そのため、風邪や寒邪を早い段階で体の外に追い出すにはお灸が最適です。
風邪の引き始めに行うお灸で多いのが「大椎」と呼ばれる、首の後ろにあるツボです。
ご自宅でお灸が難しくても、ホットタオルを首の後ろ当てたり、お湯を入れたペットボトルを使うのも良いでしょう。

風邪の引き始めに生姜湯
生姜には殺菌効果や体を温める効果があります。
風邪(ふうじゃ)が侵入したばかりは喉のあたりでまだ体が戦ってくれているので、その時に生姜で殺菌力を高め、同時に体を温めて、邪・ウイルスをそれ以上深部にまで侵入させないというイメージです。
すり下ろしたお湯や紅茶に混ぜて飲むだけで効果があるのでオススメです。

季節はすこしずつ暖かくなってきていますが、まだまだ寒さも残り乾燥も厳しいので、風邪には注意しましょう。
「あれ、風邪かも」と思ったら、悪化してしまう前に対処しましょう。

ローズの花鍼灸・整骨院 一ノ割店
048-795-6370
埼玉県春日部市 一ノ割駅東口より徒歩1分

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line