この時期悩まされる方も多い花粉症。
花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が飛んでいる時期の
季節性のアレルギー性鼻炎とも呼ばれることがありますが
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎の症状にプラスして
目の充血やかゆみなどを引き起こす不快な疾患です。
日本では20%以上が花粉症を患っているとされていて
スギ花粉によるものが一番多いと言われています。
しかし他にも、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバなどの花粉も原因となるとされ
長ければ夏ごろまで症状が出るという方もいるのでとても辛いですよね。

花粉症の原因はそれらの花粉と考えられがちですが
花粉は症状を引き起こす1つの要因です。
たしかに花粉が飛んでいなければ花粉症の症状は出ないと言えますが
花粉そのものが根本の原因とは言い切れないのです。

現に、同じ環境で同じように生活している中でも
花粉症になる人とならない人がいるのはそのためです。
もし花粉自体が花粉症を発症させる根本原因だとしたらみんな花粉症になっていますよね。
ではなぜなる人と、ならない人がいるのか。
花粉症を知り、花粉に悩まされない身体を作っていきましょう。

花粉症は一度発症すると次の同じ時期に同じ症状が起こることがほとんどです。
鼻水、鼻づまりや口が渇くなどの鼻や口の症状だけが現れるのではなく
のどや気管の粘膜に付いた花粉がのどのかゆみや咳をひき起こしたり
顔に付着すると顔もかゆみを感じたり、ヒリヒリしたり、ほてり感が出たりします。
他にも頭がぼーっとしたり眠気や身体のだるさを感じたりイライラするなど
日常生活の中で支障が出るようなことも多々起きることがあります。

そんな悩ましい花粉症はどのようにして起こるのでしょうか?

まず、花粉というアアレルギー症状を起こす物質が口から入り粘膜につくと
アレルギーの原因物質が粘膜中に溶けだして身体の中でIgE抗体という
アレルギー症状が起きている時に作られる免疫システムに関係するたんぱく物質が作られます。
これが、アレルギーの原因物質と反応して身体に侵入した邪魔者を排除する働きをするのです。
くしゃみや鼻水はその行為によって身体に有害となる邪魔者を飛ばしたり洗い流すことで
身体を防御しようするもともと備わっている身体の反応となります。
しかし、疲れがたまっていたり、普段から生活が不規則な場合は免疫機能のバランスが崩れ
IgE抗体を作り出す量が抑えられず、大量に作ってしまうため
花粉などの身体に害を及ぼさないものにまで過剰に反応してしまうようになります。
そのため、空気中に存在する花粉を吸うごとにIgE抗体が過剰に増えてしまい
そのせいで過剰なほどのくしゃみや鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状が現れてしまいます。

花粉症を根本的に改善するということは未だできないとされていますが
花粉症に効くとされているものはたくさんあります。
そのなかでも鍼治療によるツボ刺激は体質の改善も含め症状の緩和に役立つとされています。

鍼灸治療による花粉症の症状の軽減には
花粉症が始まる時期の1か月前くらいから治療を始めるといいとされています。
花粉が飛び始める前に免疫機能のバランスを整えることにより
IgE抗体が過剰に作られないように抑えることが出来れば症状を軽くすることが出来ます。
また、症状が出てしまってからでも、今出ている症状に合わせツボを刺激し
自律神経系の調節を目的とした治療を行うことで
症状の軽減につなげていくことも可能です。

治療に使うツボをいくつか紹介します。
自分で刺激しても効果があるものなので、症状が辛い時は試してみてください。

・百会(左右の耳をたたみ、その左右の頂点と頂点を結んだ頭の真ん中のツボ)
有名なツボですが、頭痛やめまい、花粉症の症状の中では鼻のつまりを改善することなどに効果があります。
・印堂(左右のまゆげの間のツボ)
特に鼻水や鼻づまりに効果があるとされています。
・合谷(手の甲側の親指と人差し指の付け根のV字になっている所より少し上で押したら思い痛みを感じるところ)
万能なツボとして有名ですが、主に頭痛やのどの痛み、目の充血の緩和に効果があります。
・迎香(左右の小鼻のわきにあるツボ)
文字通り、においをむかえると書くだけあって、鼻づまりに効果があるとされています。
他にも目の少し下にある承泣や目の内側にある晴明というツボは目の症状に効くとされています。

自分では場所がつかみにくいとは思いますので
試してみたい方、場所をしっかり知りたい方は是非一度当院にお越しください。

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line