この時期になって、受験が終わったーという人が多くなってきているのではないでしょうか。

受験シーズンで勉強しすぎて首や肩がガチガチになっていませんか?

学生の方々にはまだ勉強がついてきます!

ですのでここいらで一度からどの状態を整えていきましょう!

ちなみに効率良く勉強するには、脳をどれだけ活性化させるか
がキーポイントになります。
そのためには、脳への血流量を増やすことが必須です。
脳も細胞です。血液が途絶えたら死んでしまうのですから
どれだけ多く血液を送るかが、勉強の効率をあげるのにも
関係してくるわけです。
脳が最大に活性化させることができたら、
1時間でも3時間勉強したと同じくらいに効率をあげて
集中することができます。
そうなると、もちろん体も勉強疲れから解放されるのです。
いくら勉強しても頭に入らない、
どうして時間をかけて勉強しているのに覚えられないの?
と悩んでいるなら、脳への血流量をちゃんと供給していることを
確認してください。

■脳への血流をあげるには?
勉強中に脳への血流をあげるには、
2つのキーポイントがあります。
(1)勉強している時の正しい姿勢
(2)肩こり・首凝りが無いこと
この2点に関して問題がなければ、
脳への血流は100%です。
たかが姿勢で脳への血流が変わるのかと思うかもしれませんが
専門機関が実験した結果より、これは実証されています。
頭も傾げた時と傾げない時の脳への血流量の違いは
半分以下になります。
詳しく数字を使って説明すると
頭を傾げない時を100%の血流量だとすると
頭を20度傾げると、43%の血流量になってしまいます。
あなたはどのくらい頭を下に傾げて勉強していますか?
たった20度で半分以下になってしまうんですよ?
頭の位置をあげて正しい姿勢になる為には
頭の位置だけでなく、背中が丸くなっていることも正しくしないといけません。
そして腰の傾きも正しくしないと、返って疲れたりします。
過去に勉強用の姿勢について書いた記事があるので
それを参考にして姿勢をチェックし改善してください。
長時間座っても疲れない文字を書く姿勢
次に肩こり・首こりを解消する必要があります。
心臓から出た血管は首を通って脳へ届いているのは言うまでもありません。
その血管を圧迫したのでは、血流量が減るのは説明に及びませんね。
ですから、肩と首の凝りを解消することで
勉強の効率を上げることができます。

定期的な運動なども必要ですがどのような運動をすればいいかわからない!運動したくない!って方

もいると思いますので、当院ではそのような循環障害や肩こりなどがひどい症状にも効果的な施術をおこなっていますので

なにかお身体でお困りでしたら、是非一度当院にご来院してみてください。

048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line