未分類」カテゴリーアーカイブ

スポーツの秋!!筋肉痛(きんにくつう キンニクツウ)にはご注意を~

こんにちわ(*^_^*)

今日はとっても気持ちの良いお天気ですね~♪

過ごしやすい季節になると運動を始めてみようという方も多いのでは・・しかし、突然の運動やはりきりすぎると筋肉痛のもとです。そんな時のためにも筋肉痛の対処法や予防法を今日はご紹介します!!

なぜ筋肉痛になるのか、その仕組みとメカニズムについて触れましょう。》

意外なことに、筋肉痛が起こる原因は医学メカニズムではっきりと解明されていません。一般的によく知られているのが、筋肉を動かすことで「乳酸」が溜まり、本来中性であった筋肉が酸性となり、筋肉を固くさせるため、炎症や痛みを引き起こすことが原因とされる説です。

また、伸縮運動などによって筋に小さな断裂が起こり筋肉繊維が傷むため。痛んだ筋肉を再構築するために、一度筋肉が分解されるため。筋肉が縮んでしまうため。など筋肉痛の原因の説は様々です。

《対処法》

●血行をよくする・・38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかり、その後はストレッチなどを行う

●軽めの運動をする・・ウォーキングやランニング等の乳酸素運動

●アイシング(痛みがひどい場合)・・時間の目安は冷たさが感じなくなるくらい。だいたい15~20分程度

《予防法》

①運動前のウォーミングアップをしっかり行うこと                                      ②運動後は軽いランニングでクールダウンし、血液の循環を急激に落とさないこと                ③運動後、筋肉痛の痛みが出ていないときは温めるようにすると筋肉組織の循環が良くなり、痛みにくくなる④損傷した筋肉の修復にタンパク質を補給                                         ⑤代謝を良くし、疲労回復効果のあるビタミンB群、体の調子を整える働きがあるミネラルえお含む食品を摂 取すると良い

【ビタミンB群、ミネラルを多く含む食品】

卵・玄米・肉類(特に豚肉)・レバー・うなぎ・緑黄色野菜・豆類・バナナ・・・等

飲み物では豆乳や牛乳、ビタミンCを摂れるオレンジやグレープフルーツなど100%の果物ジュースが望ましいです。

スポーツは無理しすぎず、うまく付き合いながら楽しんでくださいね♪

4f4734ea002

 

 

秋は急な温度変化に気を付けて下さい。

 

皆さんこんにちは☆

本日は朝の冷え込みがすごく、せっかくの休日なのに寒さで起きてしまった人もいると思います(>_<)

さて、秋を感じさせない冷え込みが続く今日この頃ですが、

この時期は冬と比べると温度変化が激しいですよね・・・

 

実は、この温度変化の激しさと言うのは身体にはあまり良いものとはいえないのです‼

なぜかというと、筋肉に充分な血流が行き届かなくなってしまい、柔軟性が欠けたり、コリの原因にも

なりえるからです!!(゜-゜)

 

当院では、お客様に合わせた(症状に合わせた)治療、及びアドバイスや、

自宅でも簡単にできるような(ライフスタイルに合わせての)ストレッチの提案もさせて頂きます(*^^)v

 

寒い時期になってきましたので、少しでも体がおかしいなと思ったか方、

治すのをあきらめてしまっている方なども、一人で悩まずお気軽にご相談下さい。

当院は年中無休で診療をしております☆

診療時間も午前9:00~12:30、午後15:00~20:00まで、診療しておりますので、

お気軽にお立ち寄りください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

冷え性

こんにちは。

急に冷え込んできました。

そこで本日は、冷え性についてお話をさせて頂きます。

冷え症などで足先が冷える方は多いと思います。

「冷え性」という言葉は日常で軽く使われる言葉ですが、身体が冷えるのは危険信号です

正常であれば気温などに合わせて体温調節してくれる筈が、それができなくなってしまう。主に血行の悪さが原因とされています。

ではどうすればよいのでしょうか?

・血行をよくしてくれるものを食べる
ビタミンEがよいと言われています。かぼちゃ・アボガド・にらなどにふくまれています。
・たんぱく質を摂取する
たんぱく質は身体を温めるエネルギー源です。
・運動をしっかりする
足の筋肉は、動く事によって血管を圧迫して血液を送ることができます。その筋肉をつけることによって血行をよくすることができます。

以上のことが主な対策ですが、どれも規則正しい生活の要素です。やはり規則正しい生活は、健康な身体を維持するために必要なことなのですね(*^▽^*)

立った時にふらっとすることありませんか??

 

今回は立ちくらみについてお話します。

みなさんは、立ちくらみの経験はございませんか?

座っていて立ち上がる時にふらっと感じたり、お風呂からあがるときにくらっとしたりするのが立ちくらみです。

上記のような立ちくらみはそんなに心配いらないそうですが、不整脈や自律神経の障害、消化器障害だったりと様々な原因でおこる立ちくらみもありますので、もしも頻繁に立ちくらみが起こるようでしたら病院で受診する必要があります。

基本的には立ちくらみは起立性低血圧の影響が多いので若い女性に多いものです。

立ちくらみの予防

・正しい生活リズムを作りましょう

・睡眠を十分に取りましょう

・過度な仕事やストレスなど溜めないようにしましょう

・過度な運動やストレッチもおすすめです。

・血流をよくするためにぬるめの湯に浸かるようにしましょう

ぜひお試しください。

また鍼灸は崩れてしまった身体のバランスを整えることができます。

もしもお辛いときは当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

膝の痛み

 

今日は膝の疾患で最も多い「変形性膝関節症」についてお話いたします。

どんな病気かというと、

“関節軟骨の変性、磨耗による荒廃と、それに伴う軟骨および骨の新生、増殖による慢性、進行性の変形の関節疾患”です。簡単に言えば、加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。  明らかな原因のない、一次性関節症とけが、炎症等の後に生じる二次性関節症に分けられます。90%以上は一次性関節症です。  50歳代で発症し、65歳以上で急増します。また、1:2~1:4で女性に多い病気です。

症状は、

(1)痛い:初期は動作開始時の痛みを訴えることが多いです。病期が進むと動作中の痛みを訴えるようになり、階段昇降、特に降りるときの痛みが特徴的です。さらに病期が進むと歩行が困難になることがあります。圧痛は関節の内側にあることが多いです。

(2)伸びない、曲がらない(可動域制限):初期は、関節水腫(水がたまる)、滑膜肥満が原因で、進行すると関節面の変形、関節包の拘縮、筋力低下が原因となります。正座ができない。

(3)太くなった(腫脹):関節内に炎症を起こすと関節液が貯まります。

(4)O脚(変形):骨破壊が進んだとき。

(5)ぐらぐらする(不安定性):歩くとき外側にぐらつく。(図1)

(6)肥満:変形性膝関節症の80%に肥満が認められます。

しかも、今とても寒い時期なので痛みも強くでてくると思います。上記のような症状でお困りの方がいましたら、是非一度当院にご相談下さい。

良くあるご質問(自動車事故 自転車事故 自賠責保険)

おはようございます。

気温差が激しく、朝晩は冷えますね。

体調を崩しやすいので、お気を付けください。

 

さて、今回は自賠責保険についてよくあるご質問を

ご紹介したいと思います。

 

Q 車を運転していたら、交通事故を起こして相手にケガをさせてしまい

加害者になってしまった場合、自分は補償を受けられますか?

A 相手の被害者の方へは自賠責保険から保険金が支払われます。

ですが、自分の車・相手の車の修理代、自分自身のケガの治療代などは支払われません。
Q 父、母、子二人の四人家族で、父が所有する車を母が運転し、人身事故を起こした場合はどうでしょうか?

A 自賠責では、運転者とその自動車の持ち主(所有者)は補償されないので、

お父さん、お母さんのケガは補償されません。お子様お二人と相手の被害者の方へは

自賠責保険から保険金が支払われます。

 

Q 車の運転中、少しよそ見をして電柱に激突してしまった場合はどうでなるのでしょうか?

A 自賠責保険は対人賠償おみなので、この場合は自賠責保険からの支払いは受けられません。

 

Q 車のドアを開けたら、後ろから来たバイクにぶつかって、

相手にケガをさせてしまった場合はどうなりますか?

A 車のドアの開閉なども自動車の運行に含まれますので、ケガをした相手の人には

保険金支払われます。ですが、車やバイクの修理代は支払われません。
Q 自宅で車庫入れをしている時に、誘導していた父親に誤ってケガをさせてしまったのですが…。

A 怪我をした父親が車の持ち主であれば保険金は支払われませんが、

持ち主でなければ保険金が支払われます。
以上はあくまで、よくあるご質問です。

このほかにもし疑問やご質問がございましたら、是非ご連絡ください。

 

https://www.rose-no-hana.com/

ストレスからくる体への影響とは…。

 

こんにちは。

本日は皆様誰でも抱えている「ストレス」についてお話させて頂きます。

 

まず、ストレスをためると、心や体に影響を及ぼす事があります。

例えば、心への影響として、不安やイライラ、集中力の低下などに影響されます。

次に体への影響として、肩こりや目の疲れ、頭痛、腰痛、自律神経の乱れ等に影響します。

これらストレスからくる影響で、心や体への影響が長続きすることによって、

自律神経失調症や、胃や腸など消化器の病期になったり、血圧の病気、生活習慣病など

様々な病気になってしまうのですっ!!

 

当院では保険治療は勿論、鍼灸治療もやっております。

また、鍼灸治療では自律神経を整えること等も出来ますので、お気軽にお問い合わせください。

 

鍼灸治療は完全ご予約制の為、事前にお電話でのご予約をお待ちしております。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

気温の変化が激しい時は腰に注意を!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。今日はまたお天気になりましたね!!寒くなったり暑くなったりを繰り返していますが、まだまだ油断せずに、水分補給はしっかりとしましょうね。

 

さて、今回は急に起きてしまうぎっくり腰についてのお話です。

最近気温の変動が激しいですよね。

実は、この時期にはぎっくり腰になりやすいというのをみなさんご存じでしょうか?

当院でも、最近は毎日のようにぎっくり腰の患者様がご来院されます。

 

急に寒くなったと思えば今日のような暑い日になり、身体が気候の変動に追い付かないですよね。

気温の変動が激しいと、体の中でも血流の変化が激しくなります。

気温が高くても身体が冷えた状態であったり、筋肉が固まった状態の時にぎっくり腰が起こりやすくなります。

筋肉はかたまっているけれど、無意識に急な動きをしてしまい、、腰の筋肉や周囲の組織を痛めてしまいます。

 

ぎっくり腰は、一般的に腰部を温めたりマッサージをすることはあまり良くないとされています。

赤くなっていたり熱を持っている場合は、その部位に炎症が起きていますので温めたりすることで炎症を酷くしてしまう可能性がります。

ですので、ぎっくり腰の時には湯船につかることは避け、リラクゼーションサロンなどでマッサージを受ける事はやめましょう。

 

当院では、ぎっくり腰の患者様には手技療法や鍼灸治療、骨盤のバランスを整える施術などを用いて多方面からアプローチすることが可能です。

ぎっくり腰といっても、患者様によって症状はさまざまですので患者様ひとりひとりにあった方法で施術をさせて頂きますのでご安心ください。

 

ぎっくり腰は一度なってしまうと、その後もなりやすい傾向があります。

当院ではそういった患者様にも、再発しにくい身体づくりをサポートさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

お問い合わせ先:048-999-6306

ぎっくり腰でお困りの方へ

腰痛には大きく分けて「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2種類あるのをご存じでしょうか?それは痛みが続く期間の長さによって違い、それぞれ痛み方や痛みの大きさに特徴があります。

急性腰痛といわれるのが、いわゆる「ぎっくり腰」と言われているものです。突然の強い痛みや動けなくなるほどの強烈な痛みに襲われます。いつからかが明確に分かり、1カ月くらいで痛みがおさまるのが特徴です。
それと比べて、痛み自体はそこまで大きくはないのですが、「ズキズキ」、「ジンジン」・・重苦しい痛みなのが慢性腰痛です。
腰が重いだるい、鈍い痛みがある・・といったように不快な痛みダラダラと続いたり、良くなったなと思ったら、また痛みが出てきたりの繰り返しの場合が多いです。
腰の張り、凝り、重さなどの不快感を感じることもあります。気がついたら腰痛になっていたという感じで、何をきっかけに、いつ痛みが始まったのか正確に言えないことが多いです。また、治るまでには時間がかかるのが特徴です。
慢性の腰痛がきっかけである日突然ぎっくり腰に繋がってしまったりもするので、普段からのケアをしてひどくならないようにすることも大切です。

何かございましたらお気軽にご相談ください。
ローズの花 鍼灸整骨院 蒲生駅東口店
https://www.rose-no-hana.com

腱鞘炎でお悩みの方へ

ローズの花鍼灸整骨院では、腱鞘炎でお悩みの方にも多くご来院頂いております。

当院では腱鞘炎に対してはほとんどの場合、超音波療法を用いて治療します。

超音波は目に見えない微細な振動を深部の細胞にあてることで

炎症部分の細胞を活性化させます。

それにより、炎症を早く引かせる効果が期待できます。

他にも鍼治療の治療などもおこなっており多くの患者さんが通って頂き

完治する事が出来ました。

なぜ、腱鞘炎が起こるのかというと、、、

腱鞘炎は手首の関節部に起こる事が多い疾患で、使いすぎによるものと言われています。

腱というのは、筋肉の末端にあるもので、筋肉を骨につないでいます。

手首のしわのあたりを触ると、こりこりとしたスジのようなものが触れますよね。これが腱です。

その腱の周囲をトンネルのような組織が囲んでおり、これが腱鞘と呼ばれるものです。

腱鞘炎は、この部分に炎症が起こり、痛みや運動障害を生じるものです。

本来は、腱鞘がトンネルのようになり、その中をなめらに腱が動くことで

スムーズな関節・筋肉の動きが可能になります。

 

しかし使い過ぎや何らかの原因により、腱と腱鞘の間に炎症が起こることで

腱の動きが障害されてしまいさまざまな症状が出てきます。

女性に起こる腱鞘炎の場合、家事動作や育児動作によるものが多いです。

また、最近ではパソコンのキーボードやマウス操作による腱鞘炎が増えてきているといいます。

たしかに、長時間同じ体勢で手の細かな動作をし続けることことはとても負担になりますね。

最近はお仕事でパソコンを使うのが当たり前という方も多いと思います。

手首の疲れや違和感があるという方は、もしかしたら軽度の腱鞘炎かもしれません。
腱鞘炎は、基本的には使いすぎたことによる疾患なので、安静にすることが大切です。

ですが、日常動作によって起こった場合使わないということはなかなか難しいですよね。

軽度のうちは、筋肉のストレッチを行い

負担をかけないようにするということが悪化の予防にもつながります。

腱鞘炎で悩みでしたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

鍼治療をご希望の方は、完全予約制となっておりますのでお電話でご予約の上、ご来院ください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

詳しくはこちら↓
http://www.rose-no-hana.com